5/5 おんせん

 !をつけようとしたが、字面があまりにもあまりなのでやめた。

 朝、洗濯してからお出かけ。西の方の温泉に。都内だが、隣接しているのは山梨という。実質山梨なのではないかという土地。
 思ったほど秘境でもなかった。適度に開けた山の中って感じ。鳩ノ巣渓谷にも行ったことがあって、あっちはここはどこだと思わせるものがあったのだが、奥多摩と比べちゃいかんか。あっちも行ってみたいなー。いやもう30年以上前に行ったっきりだから、どう変わったのか知らんのだけど。
 実は寝不足で途中でダウンして、渋滞回避して下に降りてからカミさんに運転代わってもらった。目的地に着くまでカミさんの運転。
 お風呂はとてもよろしく(実は事前にネットで調べたら評判良くなかったのだが、それは男女それぞれ内風呂1つだけで、見た目普通の風呂にしか見えなかったからだと思われる。湯も軽く濁ってちょっと硫黄臭があるかな程度だから、効能があるように思えないってのも)、入ったら眠気がいい感じに飛んだし、なによりおとといカゴに引っ掛けて悪化させた親指の傷が浸かっただけで治ったってのはいい感じだと思う。痛むのでヨーチンとか塗って化膿を防いでいたのだが、風呂入った後では傷の存在を忘れるほどだった。まあ治りかけだったって話もないではないが、家帰ったら本当に傷が小さくなって固まって痛みも無くなってるし、効果はあったんだと思う。

 で、そこのそばがうまいってんで頼もうとしたら食堂が終わっちゃってて(2時なのになあ。着いた時点で飯にすべきだった)、仕方なく道路沿いで最初に見つけた食堂に。そば屋。田舎蕎麦がいい感じだったのと、ヤマメ焼いたのうまかった。山菜の天ぷらと炊いたのも。さっきの残念気分もすっかり飛んで、テラスから見えた橋を渡る小猿や、うぐいす鳴きまくりっておまけもあったりで、すっかり満足。

 ナノにとっては面白くないお出かけだったし、そのまま帰ることに。で、カーナビに帰り道でナビさせたら、中央道に誘導しやがった!(絶望) まあ悪いことばかりではなくて、料金が圏央道〜関越の半額近かったのと、距離は料金でも分かる通り近かったので。東名と違って、降りてからの一般道もそんなに長くないし。
 でも、中央道に入った瞬間、延々と続く渋滞の列に天を仰いだよ。ナメとんのか!>カーナビ 途中で山梨に入った時に気づくべきだったかなー。

 夕飯は近所のピザ屋。ピザ屋らしい潔さで好き。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です