にっき」カテゴリーアーカイブ

5/6 猫ちゃんいないねー

 カミさんによれば、外を通りかかった保育園のお子たちがそんなことを言ってたのだそうだ。
 で、カミさんが「みんなのおかげで長生きできました。今度は黒いのもよろしくね」という張り紙を出していた。正確じゃないかもしれないけどそんな感じ。
 なんて素敵なんだろう。家族の自慢をするようだが、自慢なのでしかたない。
 保育園に通う子供が、小さめに書かれたその文字を読めるとは思えないけれども、当然つきそいの先生がいるので読んで教えてくれるに違いない。かなり近づかないと読めない可能性はあるが。

 それにしても黒いの2匹の目立たなさよ。

 起きて計測、トマト。そして投薬。カミさんは在宅勤務なので昼飯を一緒に。今日は離れたところの黄色い牛丼屋。牛丼と牛定という、わざわざリスク冒して食べに行くほどのものかと言われそうだが、まあやっぱり一歩も出ないのもなんであって。そんな混んでなかったし、大声で話す人間もいなかったし、無問題だったのではなかろうかと思うが。

 戻ってしばらくうだうだしてから、ちょっと通販の返品とか買い物とかで歩きに出る。3日ぶりくらいか。いかんなー。
 最寄りの宅配の集配所に向かったが、なんと返品用のメールがまだ未達だったという。1通はきてたんだけど、それは返品用の番号が入ってなかったのね。整理番号はあったが。
 で、その場で困ってサポートに電話して、ぱぱっとつながって、その未達のメールを再送信してもらってことなきを得た。
 待ってる間にメールが届いて、あとは全部うまくいった。
 で、そこから買い物する駅前まで地図出して、ガイドさせて(って宅配にくるまでもそうだったが)、ウォーキングの計測するのを忘れて、駅前近くなってから「ウォーキング中じゃない?」って指摘されて、時計が判定した場所からウォーキングした扱いになって無事カロリー乞食は歩いた距離と消費したカロリーを無駄にせずに済んだという。
 ああ、なんか未来に生きてるなあなんて。
 そして夕飯の材料とか買う。お魚。お刺身丼ではなく、今日は焼くの。洋風に。ただしナノは骨入りが嫌いなので、わざわざサーモンの柵買って(安いのだよ?)それ焼いたんだけど。あとメカジキとか。メカジキ半額だったぜいえー。
 こっちは焼き魚用のサーモン(シャケと書きかけるが、シャケは別物扱いなのよな)とさわらを。なんと両方とも骨なし。そういうこともあるのか。
 他にも明日以降使えるものを買ってくる。これで最低3日はいけるはず。

 2度目の飯は低熱量パンにハムとチーズはさんで焼いたの。あと牛乳。夕飯は予定通りお魚で。あとレタスとプチトマト、サラダバジルのサラダ。

 庭の柚子にはアゲハ蝶がかならず卵を生みつけていって、今年も羽化したのがとまっていた。黒いの。下羽根に色がついてるので、クロアゲハではないようだが。
 柚子の葉っぱが食べられてしまうが、別に木そのものには影響がほとんどないので構わない。
 買い物から帰って、まだいるかなと思ったがさすがにもういなかった。

5/5 ぼくすっしー

 お昼から回転寿司。猛烈に混んでる。それでもみんな怖いんだろう、待合は家族単位でディスタンス。ダメだと思った人たちは外にいたり。雨だけど。
 そそくさと食べて戻ってくる。

 起きて計測、トマト。寿司は昨日から決まっていたので。投薬を忘れたので、寿司屋でぱぱっと。ゴミは持ち帰った。
 戻ってコーヒーなどいれる。仕事の完了を急ぐが、野球など見ている。ラジオも。雨と風が強い。帰ってくるときは風がなかったのだけど。

 夕方になって、夕飯の仕込みを始める。今日は鶏胸肉のロースト。30分チキンと違って失敗がないし調理中ほぼなんもせんでOKだが、下準備にちょっと時間がかかる。
 野菜がなんもないので、白菜炒めにきのこのソテーぢりを風を混ぜ込んだの。うーん、なんかいまいち。やはりこれはレタスに合うなあ。でもって白菜は白菜で、アンチョビとかと合わせるべきだった。きのこは普通でいい感じで。

 明日カミさんは在宅ワークなのでお弁当はなし。

5/4 非常食を食べる

 三毛の部屋の掃除は続いている。そんなこんなで部屋に備蓄してあった災害用非常食の缶詰を食べることになった。賞味期限切れてるし。いや缶詰に賞味期限もなにもないんだが(缶詰作ってる人が「賞味期限つけないと買ってくれない」って言ってた)それはまあともかく。

 起きて計測してから飯。缶詰は豚の角煮、鯖味噌煮、ぶり大根だったかな。量はごく少ないのでハムエッグをつけた。あとごはん。解凍もの。自分だけの時は基本解凍なのだが、家族がいるときは本当は炊きたいんだよね。量が確保しやすいから。美味しいとかそういうのは二の次で。解凍にすると量を捌くのが難しくて。ああ、あと自分だけトマト。
 食後、部屋にこもって仕事。ちょっと真面目。展開的には最後の方だが、量的にはまだ半分過ぎたところ。なんだと!
 昼間の頭の冴えてるときは文章出てくるなあ。じゃあ昼間に仕事すればいいじゃん。

 2度目の食事は低熱量のスコーン。のみ。あと牛乳。
 夕飯はステーキ。昨日買ってあったの。鍋が新品に近いテフロンだと大変よい。そして中央が生(熱は入ってる)だが、こいつは臭くない。なぜなら買った場所が違うから。いつものところのは安いけど(でも昨日のところもあんまり変わらん)、よく焼かないといまひとつなんだよなあ。
 野菜は豆もやしとぶなしめじを茹でて、チャーシュー入れて酢醤油と胡麻油で和えたの。チャーシュー入れて計算してもあの量で150円しないのは素敵。

5/3 黒いの2匹は目立たない

 三毛は通りに面した大窓のところにいて、通りがかりのお子さんたちなんかに大人気だったらしい。
 そのニッチを埋めるべく、猫娘と黒いのが進出を図っているのだが(どうやらようやく入ってもいいのだと理解したようだ)、彼らの容姿から考えてそこにいることに気づいてもらえない可能性がわりと高めの模様。
 三毛が健在な頃は2階の窓からあたりを睥睨していた猫娘であるが、その存在に気づいた人間は皆無であって、それはおそらくごく至近距離にある下からでも一緒と思われる。だってそこにいるって知ってるこっちですら一瞬気づかないくらいだから。
 まあそれでも、そのうち気づいてもらえるかもしれない。がんばれ。

 起きて計測、トマト、そしてめんたまやきチャーシューまぜごはん。
 コーヒーなどいれて昼間の野球中継などをぼんやり。眠い。
 夕方ちょい前、2度目の食事でマクドに買い出しに。途中で獣医さんに寄り、三毛の顛末の話と残った薬や注射針やリンゲル液なんかを持ってきていいかと確認をとる。OKだったので、そのままマクドに向かい、帰ってブツを並べてさあ食えとやってから荷物を抱えて出る。ほとんど使ってないペットシートが重くてかさばったが、点滴のパックもそれなりに重かった。
 というわけで、わずか1日半で三毛の使っていたものはきれいになくなった。昨日の夜のうちにカミさんが三毛の部屋のゴミを全部集めてくれていたし、掃除もやってあったので、もう本当に残ってない。カミさんが作った写真だけが、その部屋での三毛の存在した証となった。

 それから、カミさんが思い立って本棚などを見てきたいとのたまうのでそのように。運転手として随伴。
 希望通りのものは見つかったが、いかんせん入荷が1週間半ほど後とわかる。仕方なく予約して配送をお願いしてくる。
 帰り道、補修用テープが必要だったので、カーボンでおっそろしく強力な補強テープを買ってきた。だがしかし、真空パッケージが2個入っていることに大変嫌な予感がして、箱の能書きを読んでみたらああた、空気に触れた瞬間から硬化開始なので開けたパックは全部使い切れよ! とかいう頼もしいお言葉。ああなんてこった。補修用テープとしては結構なお値段だったのに。

 戻って、キーリングが届いていたのでタグをはめてクルマのキーに取りつけた。これで紛失の心配はないかなー。もっとも、予備のキーがもう1個あるし、いままでなくすようなことはなかったのだけど。
 このタグ、情報を他の人間と共有できないのが困る。家族で共用しているものの捜索は全員でできる方がいいのだが。そういう用途は思いつかなかったのだろうか。

 夕飯は鶏の唐揚げ。今日はことのほかよくできたが、ちょっぴり焦げ臭かったことは告白しておかねばなるまい。ちょっと揚げすぎた。とはいえ、衣の厚みもごく薄く、パリッとした揚げあがりに仕上がったのは大きな前進であろう。
 あとレタスとニンジン、プチトマトのサラダ。

5/2 にじゅうねんほどいきたねこ

 百万回には遠く及ばないものの。

 昨日の夜から、ほとんどリアクションしなくなりました。呼吸は浅めでちょっと早め。でもこれは危ないってほどでもない。
 いや反応がない時点で残りの時間はそんなにないことはわかってるんだけれども。
 カミさんは徹夜するつもりだったようだけれども、そりゃあ起きてられるはずもなく。宵っ張りの自分が、できるだけ起きてて何かあったらってのが既定路線だろうとおもってたので、そのようにしました。
 まあそれでも、近くにはいないでモニター越しに。仕事したかったから。冷たいと思われるのは仕方ない。
 途中何度か見に行って、呼吸しているのは確認したけれども、もういつもの顔はしていませんでした。呆けたような、呼吸をするだけで精一杯。すべての余力をはぎとられた顔。
 何度か部屋に足を運び、朝になっていたのでそのままカミさんが起きるまでとおもってそばにいることに。
 呼吸はだんだん浅くなっていくように見える。でもまあ、止まる雰囲気もないし。

 腎臓が機能を失っていると診断されてほぼ6年半。毎日皮下点滴というのをやって、毎日機械を使って少量ずつ数時間ごとに給餌するやり方でずっと付き合ってきたのだけれど、この点滴と給餌のセットアップがすっかり夕方の日課になってて、それがずっと続くとおもっていて。本当に、もうずっと続くものだと思い込んでました。
 だから、突然ご飯を食べなくなって、突然身体が動かなくなって、寝たきりになって、リアクションも乏しくなって、とうとう口の動きと尻尾だけで反応するようになってからは点滴もやめて。それでも水なしで寝たきりはつらいだろうから、少しずつ、ほんの数滴スプーンで口に垂らして、それで喉を動かして飲んでいるので安心したりしてきたこの3日間でした。

 でもそれももうおしまい。

 明るくなって、散歩する人たちが通りを歩いていくのが見える時間になり、強い風が庭の植木を揺さぶっているなか、突然の発作。
 あんなに体が動かなかったのに、這ってでもトイレで用を足そうとしていたのに、最後は我慢していたものを全部吐き出すようにしていってしまいました。

 カンが強くて、気に入らないと唸られました。クルマに乗せたら、それだけでもう死んじゃうんじゃないかって思わせるほど鳴きわめきました。黒いのがきたら、完全に敵認定でストレス溜まって大変でした。腹の毛が一時期なかったことがあるくらい。
 それがみるみる痩せ始め、うずくまったまま動かなくなって、お医者さんに連れていったら腎臓が壊れたと宣告されました。まあありがちな病ではあるのですが。
 お医者さんに、少しでも楽に生きさせたいなら皮下点滴しかないと言われ、その通りにしました。最初は大変でした。他人の体に針入れるんですよ? 抵抗ないって言ったらウソですよ。そして最後まで慣れることはありませんでした。
 最後の方は皮膚に余裕がなくなって、引っ張って皮を張って打ち込んだつもりでも、実は張っているのは指の幅より狭いくらいのところで、そこからちょっとでもズレると刺さったように思えて刺さってないので、点滴流し始めたらドバーってなったり。
 思えばそれが終わりの始まりだったのでしょう。
 でも、本人はその間こっちが抱っこして注意をそらすためになでつづけるので、それが楽しみだったらしくて自分から点滴を受けに来ることもありました。もっとなでて欲しかったんだと思います。
 黒いのと一緒にすると血を見る勢いだったということもあって、使ってない部屋ひとつに入れていて、外を見るのが大好きだから通りに面した窓でじっとしてたんですが、本当はきっとぼくらをひとりじめにしたかったんでしょう。ごめんね。ごめんなさい。

 最後はカミさんも一緒でした。ともかく看取って、もう呼吸をしていないことを確かめて、しばらくぼんやりしてから寝て、昼に起きて、3時から火葬してもらえるという話がついていて。
 最後の日々をすごした寝床がわりの越南の籠に、タオルにくるまって横たえられてる姿はまるでまだ生きているかのようでした。むしろ、無理をして息をし続ける必要がなくなったおかげで、顔からは緊張が消えて、半眼のままの目でじっと前を見ているようにしか思えませんでした。カミさんが買ってきてくれたお花が飾ってありました。お花は種類によってはよくないのだけれど、もう気を使う必要もないし。
 黒いのと猫娘は、そういえば最後のときにとても興奮していたように思います。たぶんわかっていたんでしょう。彼らはそういうところがあるので。そして、いまも近寄ろうとしていませんでした。こわがっているというよりは、敬意を払っているという方が正しい気がします。

 いつも通りやってからお昼ご飯にチャーハンを作り、3時に向けて準備をしました。といっても、臭いのこもった部屋の掃除とかカーテンの洗濯とか、全部カミさんとナノがやってくれたのですが。自分はただ飯を作って食べて、クルマを運転してみんなを運んだことくらい。
 前に犬の葬儀もお願いしたところだったので、段取りもよく、きちんと火葬を済ませることができました。納骨は夕方にはできるとのことで、時間をおいてすぐに戻ってくることになりました。
 そして、戻ってきたペット用の葬儀場の祭壇に置かれていた骨壷のなかには、真っ白で形の整った小さな骨が入っていました。とてもきれいに感じました。
 それを共同のお墓におさめて、手を合わせて。
 このこのために手に入れようと決意した家で、一緒に住み始めたあの日から20年がすぎていました。
 いろんなことがありました。ここに書き切れないくらいたくさんのことが。もちろん彼女と自分は別の存在で、彼女はいなくなってしまったけど、自分の人生はもうちょっと続くので、これでおしまいってわけにはいかないのですが。
 いかないのですけれども。なるほど、胸に穴が空いたというのはこういうことを言うのだなあ。

 夕飯はお刺身丼でした。鶏の唐揚げの腹づもりはあったんだけど、眠くて、気力がなくて。火傷しちゃうかなあっておもって。
 開け放たれた部屋の中にはもう誰もいなくて、別に彼女がいたとき特別にうるさかったわけじゃないのに、ひどく家の中が静かに感じます。黒いのたちは、またあの部屋を使ってくれるかなあ。

 知ったようなことを言うつもりはないんですが、彼女の生には、少なくとも彼女自身が20年この世に存在して、自分を自覚して、感じて、苦しんで、少なかったかもしれないけど楽しんだっていう点できっと意味があったんだと思います。自分たちもそうであるように。

5/1 メイデイ

 ニンともカンとも。
 今日こそ買い物に行かねば。低熱量パンもなくなってきたし、メインディッシュの食材がないからなー。
 しばらくお弁当なしなのがかえって心配。来週、弁当作る気力が出るだろうか。なんか工作気分でやってるんで、たぶん大丈夫だとは思うものの。種類もそんなに要求されていないし。

 昼に起きる。カミさんたちがお昼を作り終わるのを待って(なにせつけ麺なもんだから)、トマトとめんたまやきチャーシューまぜごはんをいただく。
 それから仕事と称して夕方まで部屋で唸る。
 雨雲が迫っていたので、慌てて買い物に。2日分くらい買い込んで戻る。雨の中、箱葡萄酒(赤)と揚げ油、鶏もも肉1Kgとかトマト中4個とかひたすら重量感あるものを持って帰るのは結構しんどかった。

 夕飯はハンバーグ。今日は高野豆腐粉を量奢ったので、固めだがいい感じのが仕上がった。しかも中には角切りの塩豚入り。誰も気づいてくれなかったが、おいしかったらしいのでそれでいい。
 あとカミさんがお取り寄せしたハム、ソーセージも。ハムはスライスしたロースハムだが、明らかにいつものと違う。いいなこれ。

 三毛は寝ている。点滴もひとまず様子見にしたので、水を少量飲ませている。

4/30 黒いのが面倒くさい

 ハンバーグ・シャンピニオンソース、小松菜添え。塩豚とナス、舞茸炒め。鶏と筍の洋風煮物。おにぎり2個。

 三毛に出して食べてくれなかったウェット餌を捨てるのももったいないので両黒いのに出しているが、以来台所に立つたびにおそろしくキラキラした目でこちらを見上げてくる。比較的冷静に見える猫娘もだ。
 うざい。超うざい。そんな目でオレを見るな。トマト切ってキッチンでぱぱっと食べるのも同じ目で見てきよる。で、出したら出したでちょっと時間が過ぎたらもう食べないのな。ふざけんなううう。

 起きて計測。まずまず。飯はトマトからめんたまやきチャーシューまぜごはん。ゴマふるの忘れた。

 三毛が撫でてくれと鳴くので撫でる。無視するのもしんどいし。でもまだ体力があるみたいで、結構鳴く。悪いことではない。
 今日は暑いので、早めに起きて毛布とったり、冷えないようにだけしてやったり、日差しが当たらないようにカーテンを調整したり。面倒なので近くで仕事しようと思ったが、あんまり撫でてくれと言われるのでちょっと退散、接近の繰り返し。
 買い物にも行きたいのだがなあ。いやここんとこ歩いてもいないから。
 でもって仕事は……うーん、これ大丈夫なのかな。
 大丈夫と信じて夕方からエンジンをかける。
 量はいまいちだったが、まあなんとか。こんな感じでやれればなんとかかなあ。

 夕飯は焼きそば。肉とかたくさん余ってて。本当は買い物に行きたかったのだが、仕事やってたら行けなかった。
 焼きそばそのものが美味いので、美味かった。変なもの入れてないし、変なことしてないし。普通はいいなあ。普通は。

4/29 にくのひ

 雨の一日。
 昼に目覚める。計測後、飯を炊き、親子丼で昼飯。こっちは最後にトマトから玉ねぎ多めで。
 計測結果は驚きで、夕飯の飯の量を朝昼の量にしただけで体重が1違っている。まあまだ異常な重さではない。ちょうど上京したときの体重くらい。あの頃はこれでもちょっと太ってるかなあとか思ってた気がする。圧も普通。下が80を切れないのがどうだろう。

 その後コーヒーなどいれてぼんやり。
 コロナの変異株がかなりやばいという情報が流れてきて、正直今後どう行動するか悩んでいる。買い物は行かざるを得ないが、人との接触を極力絶たなければならないので、多めに買い込んで週1、2回、あとは運動で歩くくらい程度にしなければいけないのかもしれない。
 太極拳はどうだろうなあ。
 流れてきている話には、黙食&孤食を徹底していて、ほぼ家から出ない、人と接触しないって人が陽性っていう信じられないものがあって。マスクは不織布を外出時はほぼ常時使用していて、感染対策に対する理解度も高い人たちらしい。
 この1年かかって蓄積された「これならなんとか」の基準がリセットされちゃった感じ。
 そもそも、1月のころだとおそらく現状の都内の空気なら減少に向かっているはずの陽性者数が、微増ながら減る気配なしというところがすべてを物語っているというか。
 まあこれは自分一人の問題ではないのだけど。

 と言いつつ夕飯は近所の焼肉屋。七輪を中央に置いて、ガッと空気を吸い上げるタイプのところ&仕切りありなので、確率は低めだと思いたい。いままでも何度か行ってるのだけど。むしろ飲みがないぶん行きやすくて助かった。
 まあもうたぶんこういう形で出ることはないと思う。買い物くらいかなー。

 夕飯はかなり早い時間だったのでこれが2度目の食事で、ちょい遅い時間に低熱量パンにスライスチーズとサラダチキンの薄切りはさんだのを1個いただいた。

4/28 不動

 あんまり寝たまんま動かないので大丈夫かと思うが、呼吸はしているし触ると目を覚まして甘えてくる。弱々しくはあるが。

 青椒肉絲をちょびっと、あと他人丼(豚)。

 日記を書くときに公開の時間(リアルな公開時間というよりは、この日のこの時間の内容って意味合い)をいじるのだが、最初リアルタイムが表示されるので「ああ今日もあと○時間かー」とか感慨に耽る。

 起きて三毛は心配だがモニター上は異常なしなのでとりあえず計測。げ、かなり減ってる。いや、夕飯の飯の量を減らしているので当然といえば当然。絶対どこかで安定するし、そんな劇的に減らしているわけでもないのでそこまで落ちないだろうとは思うが。あ、昼もパンだけだったなあ。これがいかんのかも。
 圧は普通。
 飯は残ってた30分チキンにめんたまやきのせごはん。
 それから洗濯して干して、コーヒーいれて部屋で仕事風。ちょっと三毛が動いたので見に行く。暑かったらしい。

 3時過ぎに昼飯。めんたまやきチャーシューまぜごはんとトマト。仕事場所を三毛の横に移して続行。
 買い物はどうしようかと思ったが、こないだ餃子を買ってきたのと、ヤバめのもやしがあるのでその辺で済ますことにする。
 いつも通り三毛に点滴して、カミさんが帰ってきたところで夕飯。出来合いの餃子おいしかった。

4/27 のまど

 30分チキンとマッシュルームのオムレツ。豚キムチ。きゅうりの塩もみ。おにぎり2個。

 夜の間不安だったが、なんとか大丈夫だったようで、起きてすぐ様子を見る。呼吸は楽そう。寝ている。
 計測、飯。今日はトマトからカレーの残り。
 しばらくスポーツクラブがお休みなので、当然太極拳もない。というわけで運動量が足りぬ。太極拳があると普通に熱量を食ってくれるので楽でいいのだが。

 モニターで三毛を見ていたが、さかんに起きあがろうとするので近くで仕事をすることにする。トイレに行きたいが、寝床を離れられないので手助けが必要かと思ったがそうでもないようで、撫でてほしいらしい。
 というわけで場所を移動してこんなものを書いている。寝たり起きたり。たまにご飯をなめたり。

 夕方から買い物に出る。安定しているのと、あんまり起きないので。
 ナノが塾に出かけ、やることやってたらカミさん帰ってきてそのまま夕飯に。三毛の世話は給餌を除いて続行。点滴で給水になるので。
 夕飯は青椒肉絲。買い物のときの思いつきだが、安い予算で豪華な感じになるので大変よい。

 お弁当作って掃除して風呂入って寝る。三毛はずっと寝ている。