剣の聖刻《黒竜戦争》 双生の戦士

剣の聖刻《黒竜戦争》 双生の戦士 ちっちゃいの 『九尾の霊毛』なんとなく思いついたワンアイデア物。気軽に書き初めーとか言ってたくせに、最後の方わけわからんくなって四苦八苦。オチは予告なく変更される場合があります。片仮名アレルギーの知人向けに書きました(20150121更新)
 『孤高なる拳士とその弟子の記』、1.2。epub版はこちら(20140412更新)
 朝日ノベルズより発売中。Amazonにて全ページ立ち読み可! 電子書籍版、KindleiBooksなどで配信中! 非電子版より33%off!
 特集ページ更新(2013/5/31)。詳しくは表紙絵のアイコンか、ここをクリック。
 4/18配信のそこあに増刊号で、福地先生と対談やってます。ぜひ聴いてください。
 ゼーガペイン『忘却の女王』、『喪失の扉』もよろしく。

9/27 まっしろけ

 朝、家族送り出してほどほどで寝る。起きたら4時前。目覚ましかけてなかったので、太極拳ぎりぎりのお目覚めだったが、そもそも今日あることが頭から吹っ飛んでいたので、ぼんやりメールとかチェックしてたらすでに4時2分前。詰み。
 まあ、今日はいいか。忘れてたんだからしょうがない。
 と、思ったら、このサイトに仕込んであるJetPackっていうステキプラグインから「サーバー落ちてるよー」メール。ぎょっとなって見てみたら、確かに画面真っ白。まあサーバー落ちてるって言ってきてるし、なんかあったんだろうなと思ってそのままファミレスへ。
 で、しばらくしてサイトを見るがやはり真っ白。障害情報にもなにも載っておらず、思いっきり首をかしげるものの、障害情報の報告って結構後になったりするしなあと放置。
 が、夜になっても回復せず。深夜になっても。いい加減おかしいと気づき、なんかオレ悪いことしたっけと考えたりしたが、そのことを某所に書いたら友人のアキさんから、WordPressが真っ白になった場合の対策のサイトを教えてもらう。あー。そっちかー。でも何にもしてないはずなんだがなあ。
 で、見てみると、どうやらプラグインが悪さをしているパターンらしい。早速そこに書いてある方法でプラグインを切り離すと無事復活。さらに、タイムスタンプでサーバーが落ちているらしい時間帯に更新されたプラグインを見ると、確かに機能的にバッティングしそうなのだったので削除する。他のプラグインで機能しなくなってたのを補完するために導入してたのだが、削除したら元どおり使えるようになってたので無問題。
 しかしなんでプラグイン勝手にアップデートされてたんだろうか。そんな機能あったっけ? いや、寝ながらプラグインのアップデートをかけることができるんならオレのせい。

 夕飯はハンバーグ。うーむ、いまいち。香料の効きが悪いなあ。

 そうそう、ナノにお下がりのお下がりの電話を渡したが、無感動に受け取って普通に使っていた。ぬかった。なんかにかこつけてプレゼントだとか言って恩に着せるべきだった。ちなみにダミーのSIM突っ込んで電話機能は殺してあります。もちろん。通信はWiFiだけ。メーラーやブラウザも殺してる。LINEも入れてないし、そもそもアプリのインストール権も課金権も渡してない。まだ、不特定多数との接触は恐い。

9/26 朝方終わる

 な、なんとか。で、先方に至急送り返さなきゃならないので、バイク便を頼んだら、なんと24時間対応なのな! まあ、2、3時間待ったら普通にありの時間ではあったのだが。でもなあ。な、なんか大変ですね。
 で、送り出してホッとしてたら、蒸し暑くて回してた扇風機の風で途中の1枚が飛んじゃってて入ってなかったことが判明。ああ、起きててよかった。すぐに電話でスキャンして(カメラ使った擬似スキャナ)送ってことなきを得る。
 いやしかし時代も変わったね。こういうの、昔はFAX送ってーってリクエストが来たものだけど。
 というわけで、もうFAXもいいかなーってことで、いま契約してるオンラインFAX解約しようかなって。いや月1500円くらい取るんだよ。送るだけなら1枚10円で基本料金なしとか、そういうのあるんで。基本いま関わってる仕事先は全部メールで通るし、FAXはナノの送り迎えのリクエストをヘルパーさんに送るだけにしか使ってないからなー。専用アプリもあって便利ではあるんだけど。

 予約していた電話の新しいのが来る。いま使ってるのはカミさんに、カミさんが使ってるのはナノに行く予定。まずは新電話にいま使ってるのから移行する作業。時間はかかるが、失敗はない。その辺はさすがだ。時計も含めて移行(本体が変わると、時計はいったん全消ししてインストールし直さなければならないのだ)に3時間くらいかかったが、いったん動き始めたら前のとどう違うのかわからない感じだった。色も同じにしたしな。あんなに擦り傷が付かなければ、艶黒もちょっと考えたのだが、もともと黒いフェイスが好きじゃないのでいいや。時計みたいに本体セラミックスのケースになった真っ白なのとか出たら考える。いままでなかった完全真っ白電話。
 しかし電話、発送かかってから3日放置ってのはどうなんだ。上海の発送スケジュールが謎。

 ああ、今回は6sのヤツの評判が良かったので純正シリコーンケースにしてみました。AndMeshは嫌いじゃないけど、さすがに1年使ったし、出すって言ってたiPad mini4のケースなかったことにされたり、なんかもう信用ならないのでいいや。あと伸びるし。
 防水機能のテストはいろんなとこで上がってて、本当に信用できそうなので慎重に使うことに。とりあえずライトニング端子だけシリコーンの蓋を買ってつけて使うってことで。

 電話のセットアップが終わって、もう精根尽き果てて寝る。気が付いたらナノが自分で鍵開けて戻ってた。すまぬ。
 そして夕飯は鶏胸肉とカブの葉のスパゲッティと焼き野菜。焼き野菜は玉ねぎがたまらんかった。カブの本体も焼いたがなかなか。

9/25 あじざんまーい

 あの妙な社長がマグロさばきまくるCMのあれではなく。

 鱧の季節がそろそろ終わりなので、その前にカミさんとナノ連れてランチの味三昧に。夜はねえ。もうちょっと経済状況が好転したらね。
 カミさんは親子丼、ナノは唐揚げ御膳、そしておいらは穴子天重。穴子がでかいんだ。もちろん追加で鱧の焼き霜(皮目を炙った刺身)も。
 カミさんはもちろんだが、ナノも食う食う。いいものは食うなあ、おまえ。

 満足して気力も戻ったので家に帰って仕事再開。
 で、夕方まで粘ったが、やっぱりまだ見通しが立たないのでやむなく休みにして夕飯を。こないだ買ってあった期限切れギリギリのステーキ(厚め)を低温調理する。お米はカミさんが研いでいてくれたので炊くだけだったし、煮物もあったので副菜はそれ。あとカット野菜にヨーグルトとマヨネーズ混ぜたドレッシングで。
 肉はしっかり30分以上温めたあと、普通にステーキに。赤みが残っている方がこの調理法が生きるのだが、あえて普通に。仕上がりはミディアムくらいになったが、異様に好評。やはり、肉の質がちょっと変わるのかね。ああ、あと赤ワインとかでソース作ってかけたから、それもあったのかもしれないが、いややはり自分的にも今日のはかなりうまかった(高級肉の味ではないなにか的な)ので、これからはこんな感じで。
 グラム198円の肉で十分にうまいもの食えるので、お試しあれ。面倒だけど難しくはない。あと、加熱用の袋はジップロックがもったいないので、スーパーで汁の出やすいものを入れる薄いポリエチレン袋を使うといいぞ。空気抜きやすいし、薄いから熱伝導もいい。案外破れないし。

 で、そのまま寝る。頭バカになってきてるし。とにかく寝てからだ。

9/24 説明会

 夜、暑気払い(ちっとも暑くないが)なので、とにかくそれまでに仕事を終わらせねばと思うが、遅々として進まず。ちょっとした直しでも全体のバランスが崩れたりするんで、かなり書き直したりする必要があって、それで悩むとほんの数行に何時間とかかかったりするのね。一気に何ページも進むこともあるのだが。
 で、寝ないとまずいんで、2時間ほど仮眠。寝つきが悪くて寝てないも同然だったが、横にならないよりはマシだった。
 ああ。

 それから家族でお出かけ。某所の説明会に参加するため。ちょっと期待していたところではなかった。合わせようと思えば合わせられるかもだが、時間が経つとボロが出るパターンだなこれは。そしてそんなことになるとわかっていて、無理に行かせることができようか。大人の自己満足に巻き込んじゃいけない。
 ちょっと色々もにょもにょしながら帰ってきた。
 まあ説明会巡りは続く。1年強かける長期戦だ。ベストの選択肢を用意するのが義務なので。

 戻って、ちょっと仕事して(結局全然だった。申し訳ないです>諸方面)、それから暑気払いに。ゴッドハンドご夫妻と、近所の居酒屋に。
 それはそれはもうアバウトなお店で、ご店主が仙人みたいな佇まいなのだが、味は良い。メニューに載ってても出ないものも多いが(焼き鳥全品欠品にはひっくり返った。まあ大判焼き鳥つーか腿肉サラマンダーで焼いただけのがあったのでことなきを得たが。そしてこれがめちゃめちゃうまいの)。冷酒なんか一升瓶から300mlの空き瓶に移すタイプなので、キャップが引っかかりなく開いても気にしない方向。
 散々飲み食いして出たが、計算したら一人二千円。いつもオレが一人で行くのと変わらん! ご主人の様子からして、何十年もってわけにはいかない気がするが、まあほどほどに末長く寄らせていただくことにする。

 そこからちょっと確かめることもあって、その先にある焼き鳥屋へ。そこを軽く流し、カラオケ経由して帰宅。今回、忍びのテーマがレパートリーに加わったぞ!(使う声域がほぼぴったり)
 当然のように酔っ払っていたのでそのまま寝る。仕事してない後悔とともに目覚める。よし、今日こそ!(1日ぶり3回目)

9/23 しごとー

 なんかこう、紙仕事やる用にデスク周りができてないのでちょっと悩む。結果、紙を広げられる場所を増設すればいいことに気づき、折りたたみの小さめのテーブルを探す。通販にはあるのだが、届くのは当然のように明日(夕方だったもんで)。というわけで、テーブル探してクルマで出る。
 ちょっと離れたホームセンターで、通販で見つけたヤツがしかもより安く売られていることに気づく。それを買い、戻って夕飯の準備。今日は焼きそば。材料は早い時間に買ってあったのでそれはいいのだが、なにせ仕事で無茶苦茶なので要領が悪い。まあそれでもまだ焼きそばは楽でよかった。

 テーブル置いて早速仕事の続き。おう、これはいい。今度から紙使う仕事にはこれだな。あとデスクで飯とか。
 明日は用事があるのでとにかく程々にして寝る。また中途半端な時間に起きて困る。

9/22 春分の日

 おやすみ。
 まあこっちは仕事があるのだが。
 ナノは昼過ぎまで寝ている。ここんとこ朝ちゃんと起きて学校に行ってるので、勘弁してやろうということに。
 こっちはいつものように中途半端な時間に寝て起きて、それから寝ないで太極拳に行ったりして、昼過ぎにはもうおねむだったのだが。

 昼飯はラーメン。駅前の。ナノとカミさんが合わせてくれた。それからふたりはトランポランドとかいうところに向かい、自分は家で仕事。のはずだったが、押し寄せる眠気に負けて寝る。菅野逆転されてるしふて寝。
 で、夕方過ぎに起き出してみたら、なんとここんとこ急に確変入ったギャレットが逆転サヨナラツーランを向こうのクローザーから打っていた。こっちのクローザーが大事な試合ばかりしっかり落とすの見せられてきたので、こういうパターンがあろうとは驚いた。なんとか2位に滑り込んでいただきたい。だからってCS抜けられるとは思ってないけど。今年の戦いっぷり見てれば、絶対大事な試合は落としまくるのはわかっているので、3位との戦いはともかく、首位との戦いで勝てる気がしない。それにまあ、いろいろあるけど逆転で日シリ出てもシラケるだけって気がする。ベイスが行くならありかもしれないが。
 後、日ハムが粘り強いなあ。前も書いたが、ホークスは別に野球に不誠実じゃなかったと思うけど、同じチームを回していると絶対弱体化するの法則で弱まった気がするのね。V9なんてあっちゃいけないと思うけど、あれをやってのけた川上と当時のフロントは異常だったと思う。いい意味ばかりではなく。
 かわいそうだけど内川は4番できる選手ではないように思う。すごい選手だけど、3番か、いや足腰衰えてきてるし5番かなあ。バレンティン引き抜くくらいしてでも4番を据えていられれば、きっと違っていただろうと思うけど。今日の試合なんかもろに4番の差で勝敗決まった感じだもんね。

 夕飯は豚ばら肉をダッチオーブンで野菜と焼いたの。バラ肉ってああいう焼き方すると皮がついてるみたいに脂肪側がぱりぱりになるので、結構よろしい感じ。でもナノはあんまり食べない。好きじゃないみたい(何度か作ったけど、いつも食べる量が少ない)。とんかつは1.5人前行くくせに。

9/21 夕飯は焼き鳥だった

 仕事もあるので、今日は夕飯勘弁してもらって駅前で焼き鳥を食べた。休日前ってことで激混みで、いつものところは使えず、その隣へ。
 タバコの煙で大変だったが、なんとか。エアコンの下の席だったことが大きい。
 今日は雨ではなかったので行くのが楽だったが、洗濯物は用心してしまってから出た。結局食事中は大丈夫だったのだが、朝になったら大変なことになってたので、まあよかったのか。

 最近のサイクルは昼前に寝て夕方に起きるパターン。そのせいか、寝不足気味。これはいかんのでなんとかしたい。
 夕飯はほどよかったが、昼飯とか全部レトルトカレー。あまりよろしくないので考える。

 夕飯後、戻ってテレビつけたら模倣犯やってた。しかも2時間長の番組が今日明日で前後編。テレ東力入れてるなあ。

9/20 大雨

 だったので、カミさんとナノを送るために朝まで起きてる。で、送った後、ぐずぐずと起きてたら、太極拳までの間で寝られる時間が4時間とかになってることに気づく。やべえ。
 というわけで気を入れて寝たが、寝不足は否めず。休もうかなあと思ったが、起きたし、身体ヤバイことになるしで行く。その時間も結構な雨。
 行ってよかったです。肩が。そう言えば朝、クルマの中にいた蚊を叩こうとして左腕を伸ばし、激痛に悶絶したのだった。急に動かすとまずいね。まあ、痛みはすぐに消えたのだけど。
 何はともあれ、全体的にゆっくりストレッチするので、それが効いたようで、肩が痛いのは相変わらずだが、まずまずってところ。

 戻って三毛の世話の後、ナノを迎えに出る。ナノを連れ帰って、カミさんを待ちながら夕飯の下準備……はほとんどせずに、時間を無駄に潰したりな。
 カミさんが帰ってから慌てて飯を作り、食事は9時過ぎになってしまった。
 今日はとんかつ。それと焼き野菜。予定通りではあった。
 油物は後処理とかが結構大変で、洗い物はなんだかんだで11時近くまでかかってしまう。まあ綺麗になったしよし。

 深夜、やることは結構あったのだが、寝落ちしそうだったのでそのまま寝る。しかし涼しい。嘘みたいだ。

9/19 カムイ外伝

 いやー、いろいろ時代を感じさせるセリフとか描写がてんこ盛りで大変大変。いや、描写に気を使うとかやり始めたらきりがないと思うんだけどね。表現そのものに悪意があるんならいざ知らず。見極め難しいけど。
 というわけで、カムイ外伝の一挙放映を見てるんだけども。今年BD版再販されたのね。お値段はほどほどなので欲しいかなあ。でも他にも欲しい円盤はあって。余裕が欲しい。

 いやもう、世間様から見ればオヤジ以外の何者でもないのだろうが、こう見えて中身は中学か高校からあんまり変わってないってよく物書きさんが言ってますよね。オレはちょっとだけ違って、あんまり年齢関係なく同じ自分がいるのな。まあ考え方が青かったり浅かったり、年齢によって変化はしてなくもないんだけど、単に考えに含める知識が増えたりしただけで、さほど変わりはないっていうか。
 で、そういうガキなんだか親父なんだか(ガキオヤジっていまだとちょっとだけシンパシー感じる)わからない自分が『聲の形』に心を鷲掴みにされているわけですが、曲がりなりにも人の親(客観的に観測して)であるという自分と、同時にあの中の一人であるという自分とが両立してて、そこらへんが大きいのかも知れないといまさっき思い至った。
 人は皆負い目というか、十字架とまで言ってしまってもいいのかも知れないが、何か自分を許せないもの、あるいは間違いだとわかっていてどうしようもない(短期的には。少なくとも)ものを背負って生きていると思うのですよ。程度の多寡はあれ。それから逃げることなく描いているという点で、すごい話だと思いました。もちろんエンタメだから、リアル一辺倒ではないし、甘い部分もあるだろうけど、本気で嫌な話だったら誰も読んでくれないし。
 とにかく、人間は背負ったものからは逃げられないわけです。なにもかも捨てて隠者になったところで、自分はいなくならないので。自分が自分を責める声は絶対に消えない。それを消したければ、本当に自分がいなくなるしかないわけで、その選択すら真正面から扱って、もちろん逃げようがない負い目をどうするかってところに至っている。
 あの通りの答えが出るとは限らないし、もっとひどいことになって、もっともっとひどい目に遭う可能性だってあるけれど、彼らが割と等身大でもがいて掴んだ結論は、苦しみしかない現世で生きていく上での道標にはなるんじゃないかって気がするのです。

 いやとにかく逃げずに描き切った作者はすごい。
 ああいうものを扱ったら、逃げるわけにはいかなかったってのもあるんだろうとは思うけど。

 昼飯はマクド。昼じゃないな。おやつかな。おやつの量じゃないが。
 夕飯はスパゲッティ。しらすと明太子。あと三つ葉をがっさり。案外外してなくてホッとしました。
 カミさんから大根のスパゲッティのリクエストがあったので、今度やってみる。大根クレーマにしたいんだけど、どうすればいいかなーうーん。筋多いんだよね。カブだと簡単なんだけど。

9/18 聲の形

 色々あった日なのだが、これで全部吹っ飛んだぜ。マジでカミさんに観るのを勧める(まあちょっと後述の理由からではないが)。女性監督だったってのも大きいかもな。男視点の話ではあるが、女性の描写に嘘が少なめだと思う(完全に嘘がないとは言えない。わからないから)。
 うんと、戦闘シーンがほんのちょっと(あれを戦闘シーンと呼ぶのなら!)あるだけで、彗星が落ちてくるのでもなければ大怪獣が海から現れてバージョンごとに地名で呼ばれるわけでもなく(本編でも呼ばれてねえよ)、もうなんか京アニの可愛らしい女の子とそれっぽい男の子がキャッキャウフフ(傍目には)してるだけの話のはずなのに、なんだあの全編に溢れる緊張感は!
 俺だったらあの栗毛の三つ編みの子なんか絶対いい子に描いちゃうし、黒髪の子なんか長澤まさみか、お前は真田丸の長澤まさみか! と画面に向かって突っ込みたくなるような感じにはしないと思うが、いやだがもうなんだ本当に。
 なんだこいつと思ったら、まあ劇場に足を運んでみましょう。損はさせませんぜグフフ。

 いや、正直映画じゃなかったら途中で見るのやめてたくらい辛い話でもあるんですけどね。でも、当事者は逃げられないんですよ。
 その逃げられない当事者が、出口を見つける話なので最後はなんとかなってます。
 そんな話。

 ああいや、お話そのものの出来は原作の力が思いっきり大きいのはたぶんそうなんですが(現時点で未読。でも未読であることを感謝している。ちなみにこれから一気読みの予定)。
 でもまあ京アニの持てるポテンシャルをフルで使い切って、あれを作り上げたのはすごい。表現が陳腐かもしれないが、すごいとしか言いようがないっていうか、マジでヤバイって口から出ました。

 ああやっぱり京アニに剣やってもらえたらいいのになあ! ってまだ世にも出てないものを。この辺は物書きのマスターベーションだから許して。読み逃して。

 さて、朝からあったことを書こうか。
 まず昼飯な。例のトルコ料理のケバブを1個買って、ナノに食べさせておこぼれもらってから、その近所のラーメン屋さんに。自分的には塩っ辛いかなあと思ったが、出汁に油分が少なかったからかもしれぬ。この辺は難しいね。
 戻って、ナノのクラスメートの皆さんがいらっしゃる。オレは仕事しようかと思ってたが、襲いくる睡魔に負けて夕方まで寝てしまう。
 それからカミさんのリクエストで風呂。ちょっと離れたスーパー銭湯に。いい湯だった。
 帰り道、激烈に腹が痛くなったが、それにもめげず帰宅後、篭った厠で映画を予約。冒頭に至る。

 しかし『君の名は。』なんかもタイトルだけなら観なかったと思うし、この映画も前評判があんなにすごくなければ行こうと思ったかどうかなのだが、今年の夏映画はすごかった。有無を言わさずBD3枚(現時点で)予約開始と同時にポチると思う。こんなの初めて!