7/13 区切り

 起きて蕎麦手繰りに。なぜ蕎麦かってーと、今日はお銀座で優雅なご夕食をいただくからですわよほほほ。
 半年くらい前から計画していて、今年で数えていい感じの年数なので、今日で一区切りとすることになったのだった。まあ別に誰に相談したわけでもなく、勝手に決めたのだけど。とはいえ、生きてる人間の面倒を見なきゃならないし、もう十何年大したことはないとはいえいろいろやってきたので、この辺でご勘弁してたもという心境で。

 蕎麦食べてから最寄駅の駅前でキウイを買って帰る。ナノがよりにもよって口内炎で、ちょっとビタミン必要な感じなので。まあこんなの付け焼き刃もいいところなんだけど。むしろ傷に触れると痛いし。

 それから夕方になったので、やることやって出る。風呂とか仕掛けたりな。
 銀座で降りて歩いてたらコンビニがあったので、こっちの腹の加減を整えるのと、口内炎封じのドリンク剤を買いにコンビニに寄る。腹の薬の方はたまに飲むやつで効果は実証済みなのでいいのだが、口内炎封じは賭けに近い。本人、この手のものを飲むのは初めてなので、薬臭くて閉口していたが、いやしかし口が痛いのは辛かろうってことで無理に飲んでいただく。
 賭けには勝った模様。濃いビタミンを飲みつけてない身体に投与するとガリガリ効くね。あんまり効きすぎて恐いので、こういうのは本当の非常事態以外には使わないようにしようと心に決めました。

 地下のイタリア料理屋へ。もともと自分が行き始めた店ではあるが、「あの人」の方が深く関わるようになり、でまあいろいろあって区切りはここでってことになった。全部お任せしたが、大変よろしいものをいただけて口福。最後の肉のグリルなんかもう記録のための写真撮影もすっかり失念して食べてました(何か記憶を刺激する物がないと忘れちゃうので、写真撮るようにしてるのだった。ネットには滅多に載せないが)。
 食事も全部終えて、最後に記念撮影。実は近所から都心方面に店が越した時、飾ってあった絵の1枚の裏に常連がサインをしていて、その中の一つがあの人のだったので、それを囲んで。
 というわけで、もちろん忘れるってことはないと思うけれど、これからは少々未来のある人たちのためにリソースを使うことになると思います。申し訳ないが、まあちゃんとお参りには行くので。

 近所にある時とか、越して実質1回目の店の時はかなりとんがった料理だったので、お腹の心配しなきゃいけなかったのだが、こっちに合わせて程々にしていただいた。おかげでお腹は無事でした。胃腸薬予防的に集中して飲んだおかげもあって。
 ごちそうさまでした。

 ちょっと遅くなったがなんとか戻る。風呂に入ってなんやかややって寝たり。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください