8/21 げげげ

 朝から銀座の松屋へ。牛定出してるところじゃないよ。
 8Fの催事場に行くと、なんかそれなりに人が並んでる。つーか、その手前に人だかりがあって通りにくい。見ると、大型モニターにゲゲゲの女房関連のビデオがかかってる。あー、人気あるんだなー、でもへそ曲がりだからこうなると余計に見る気が失せるんだよなあと思いつつ、招待券を出して入場。
 表には十人くらいしかいなかったのだけど、中はどえらい人、人、人の波。正直、狭い通路の中に人がぎっしりで、動くのも一苦労。展示は……いやまあ水木さんの作品をいろんな形で置いてるわけですが。別にここに来て見なくてもなあという感じで。あんなに人がいなければ別にそこまでは思わなかったのだけど。
 というわけで、駆け足で展示場を抜けて、物販スペースへ。そこでぬいぐるみの鬼太郎や一反木綿やらぬりかべやらを買って出て、ナノが「ビスケットが欲しい」と言うので地下の食品売り場へ。いや本当は鬼太郎どらやきを見て、それをビスケットと言って欲しがったんだけど、あれをビスケットだと思い込んでいるということはへたに買いあたえると一口齧って「違う」と大騒ぎ始めるに決まっているので。
 でまあ、地下でげんなりしながらスコーン(これもナノが欲しがったのだが、まあどらやきよりはビスケットに近いので)を買い、ジュースコーナーで食べる。

 そこでようやく落ち着いて、昼飯を食べることにする。カミさんの提案で汐留のイタリア街なる場所に行こうということになり、タクシー飛ばして行ってみる。いやまあ、ほぼワンメーターの距離らしいんだけど。
 したら、そこにあったのは、なんかイタリア風の建物が建ち並ぶ廃虚だったという。愕然となって、さすがにココイチに入るのは勘弁と思い、別の場所を探そうとしてたら、端っこにあるなんかファミレス風の店から声がかかったので、半分やけっぱちで入ることにする。
 店の名前はFioravante。ピッツェリアつきの食堂って感じ。
 いや、なんか絶望的な廃虚のそばで開けてるとは思えない、結構ちゃんとしたお店で。まっとうな料理が多くてびっくり。前菜は日本のその辺の店じゃあ出してないような、現地で見かけるような料理が多くて、野菜の詰め物の一皿を頼んだら本当に美味しくてびっくりしたりね。ナノ用に生ハムの盛り合わせ頼んだら、揚げパンついたの出てくるし。日本の店でそれを押さえてるのってあんまりなかったりするので。
 まあなんか料理やってるのイタリアの人だし、店員さんもほぼイタリアの人だったりして、その辺で料理の方向性を決めると、あっちの地元で出してる料理多くなるよねというか。

 調子に乗って食べ過ぎて、呑み過ぎて、そのまま電車で帰ったけど、夕飯入らんかったです。げぷー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください