6/28 冒険冒険大冒険

 傍目からは滑稽な人にしか見えないっていうその辺はさておくとして。
 とりあえず、朝は目覚ましに起こされる。もっとも、何度か起きてはいた。眠りが極端に深かったらしく、睡眠時間の割にはまずまずの快適睡眠だったらしい。
 で、起き出し、落ち着いて準備開始。本当は目的地へのアクセス方法が本当の意味でわかってない(調べても出てこないか古いか間違ってるか)ので、ちょっと急いでとにかく駅前に行く必要があったのだが、焦ってもダメなものはダメなので、それよりは落ち着いて持ち物チェック&整理を選択してみた。
 そして朝飯を食べ、顔を洗い、歯を磨き、出る。フロントの人が本当に親切で、飲んだ水はタダにしてくれるわ、そもそも昨日のチェックインももう少しで今日になるところを待っててくれて、なんかもう感謝しきれないくらいなのだが、便乗してその辺の交通手段について聞いてみたりな。
 結局バスしかないらしい。で、そのまま行ければよかったのだが、
 昨日調達したiPadのSIMがいつまでたっても電波をつかまないので、すぐそばにあった電話屋へ向かう。したら1時間くらいあーでもないこーでもないってなって、結局SIM再発行に落ち着いたんだが、もう後から来た客には睨まれるわ、朝からちょっとむっとする空気の中1時間立ちっぱなしで。まあ立ちっぱはそんなに辛くなかったんだけど。
 で、やっと終わって感謝の言葉とともに店を出て、教わった通りに駅前へ行くバスに飛び乗ったさ。そのまま延々反対方向をぐるうりと回る素敵コース。さらに1時間ロス。
 こんだけロスすると清々しい気分で、教わったバス会社に行って結局正午発のバスに乗ったんだけど、そこの会社で調べると、経由地からタクシー使わないと絶対に間に合わないことがわかったのな。ただし、さっき1時間、ダテに市内をぐるぐる回ってたわけじゃないぜ? なんと経由地から船が出てやんの。
 あ、書いてませんでしたが目的地その1は島です。火山島。マジで。噴火してんのずっと。
 で、そっちに切り替え、事前に予約してあった船は涙を飲んでぶっちぎることにしてチケットを買い。結構高いチケットにちょっと怯みながら(予算切り詰めもテーマのうち)、時間はないが昼を食べようと辺りを散策。つーか銀行探して。いやだって島だからね。カード使える場所は限られるだろうし、もしCDなかったら詰むからね。
 ようやく見覚えのある銀行見つけて入ってCD機でお金おろして、近く探したらなんか安っぽい(失敬)ファミレス的な店があったので入って、メニューが結構まともなので嬉しくなって前菜と1皿目頼んで2皿目は時間ないからやめにして、やれやれと思ったら、残り時間が想定以上にないことに気づいて愕然。
 しかも一皿目が揚げ肉団子だったんだけどこれがもうメインだろって量でさ。このままだと食べ終わるまで1皿目の麺茹で始めないはずだからまずいと思って急いでもらえないかと伝えたら、わかってくれて本当に素早く出してくれたっていうですね。すんげーアッツアツだったけど。そして時間がないのにあの量を全部食べたけど。赤もグラスなのにちょっとした量でそれを2杯とか。
 で、現金で払って素早く出て、さて急がなきゃ後15分もないぞと思ったら、そこ、ちょうど船着場に直線で繋がってて、その店に寄ったおかげで結果的にショートカットになってて。いやびっくりしたー。日頃の行いかな。てへ。

 船は結局10分くらい過ぎてからようやく出航して、2時間弱で島に着いたわけです。無線封鎖が1時間半くらいか。GPSは有効だったので地図出しといて自分の現在位置を眺めておりました。本当にぽつんとある島で、あー、2日間どうしようと思ってたんですが。
 ですが。
 なんだこの人の数! いやよく考えればハイシーズンのはずなんだけど、ホテルも直前なのに安かったし、全然楽チンだったんだよ! なんでこんなにいる! ひなびた田舎じゃなかったのか! いやその辺はそうなんだけど、案外店多いしな。多くないと困るけどな。そして命の綱インスタントコーヒー発見! ここにもスーパーはあるんですね。ありがたや。
 ああ、青い空、それより深くて蒼い海、浮かぶ船、湧き出す噴煙、沈む夕陽、まさにレジャーのための島! レジャーアイランド! ここまでたどり着くのに43時間! うああ。そして2日しかいないオレのバカ! いや実質丸1日とちょっとだ。明後日は早朝に船に乗っちゃうし。うーん、残りの日程ぶっちぎるべきだったかなー。まあもう無理なんだけど。ホテルはともかく交通機関がどうにもならん。
 ていうかまあ一応個人的にではあるが取材でもあるんで、その辺はまああれだ。

 ああ、仕事しなきゃ。

 夕飯はトカゲ屋っていう飯屋。いい場所にあって、それなりの飯を出してくれる。いい店だと思うが、値段と内容が釣り合ってないような気もする。明日も行けたらと思ったが、まあいいか。
 帰り道、よく考えたら満天の星。天の川と噴煙の区別がつかないのが残念。ちょっと声を上げてしまいました。
 島っていいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください