9/21 思いつきで秩父

 起きたら肩が痛くてダメかと思ったのだが、秩父の温泉に入りに行くという目的もあったので、効能調べたら五十肩がトップにあったっていうですね。
 まずは池袋へ。そこで昼飯(この時点で出遅れもいいところなのだが)にする。西武の屋上って、いま青空食堂みたいな感じで、結構良かった感じ。ただ、選べる食べ物の種類がいまひとつなので、もう少し出店増えるといいなあってところ。
 で、ちょっと足りなかったので、駅弁がわりにちっちゃい弁当買って赤き矢号に。あっ、いま書いてるののヒントを書いちゃったぞ! まだ出てこな……あ、頭でもう1冊分暴れ終わってるか。
 そこで仕事でもしながらと思ったが睡魔には勝てず、結局所沢以降の記憶がない。横瀬で目を覚まし、すぐに西武秩父って感じ。

 そこからミューズの森とかいうエミューズメント施設(なんて代物ではなかった。大きすぎ)に向かおうとするが、バスがない。何分か遅れて行っちゃってて、次がほぼ1時間待ちっていう。やむなくタクシーを使う。なんか渋滞で普段のコースじゃないけど、距離は変わらないから許してねっていう運ちゃんの言葉で気づくべきだったッ……そして着いたところにあった風呂に入っておけば、なんてことなかったのだった。
 着いた場所でナノはゴーカートを楽しむために近くの施設に向かい、自分は肩痛と腰痛であんまり歩けないのでそこにあった施設でコーヒーすすりながら仕事でもしてようと思ってたわけだ。したら食堂はなんか薄暗いうえにビュッフェ終わりで入っていいんだかどうなんだかわからない状態で、いまひとつ気乗りしなかったので出てカミさんとナノのいるゴーカートコースに向かったわけ。
 で、ベンチでゴーカート乗り終わるのを待って、次の遊べる場所に向かおうと適当に歩いて行ったら、なんか別の場所ってクルマとか使わないと行けないレベルの距離で、歩いたら30分とかかかっちゃうのね。そのくらい横に細長い場所で、しかも間には結構なんにもないというですね。
 まあナノ的には滑り台楽しそうなのでそれで遊べればということで、近くにあったバス停でバスを待つことにする。その公園内にバス停がいくつもあって、それ使って移動する感じらしいので。
 したらいつまで待ってもこないさ。15分待ってもこないので、思案の結果、そこの両端にある貸し自転車で移動することに決定。これがのちに英断だったことがわかるわけだが、この時はまだ楽できたねえ程度の認識だったのだった。

 貸し自転車借りて、公園の反対側に移動開始。その時、係の人が気を使ってくれて、向こうで乗り捨てOKということになる。これがまた超幸運だったというか、本当は整理の都合上ダメらしかったんだけど、こっちがまだ着いてなにもしてないも同然で、しかも返却時間までにさほど時間がないこともあり、そこを汲んでくれたのだったのだが。
 いや、ここで自転車借りてなかったら、オレたちあそこから歩いて駅まで戻らなきゃならなかったかもっていう。後で冷静になってみたら、もういろんな幸運が積み重なってて、ちょっとでもずれてたらえらいことになってた(具体的にはあそこから歩いて駅に戻る感じ? タクシーで2500円ほどかかる場所からね)可能性が大っていうですね。
 自転車使ったおかげで15分くらいでなんとか反対の端に到着。ナノはご機嫌で巨大滑り台無限ループ開始ですよ。オレは喉乾いたのでジュース買いに行き、ぼんやりベンチでラジオとか聴きながら休んでましたよ。
 したらカミさんが気を利かせてバスの時間を調べてきてくれて、なんともうすぐ終バス(夕方5時前)らしく、ナノを連れてバス停に向かおうってことになる。書いてみるとなにしに来たのって感じだが、ああまったくだ。そもそもここは午前からくるべきところだし、最近話題の森の中ロープ伝いに歩き回るアスレチックとか予約してこなきゃわざわざ行くほどの場所かどうか微妙だし(目的があるなら別。そもそもの名前の由来の音楽関係の施設とか、テニスコートとか、夏場ならプールとかある)、ミートパークと一緒で連休中は避けるべき場所(施設はそんなに混んでないんだけどね)だということをまったく知らなかった自分たちが悪いのだが、いやそれにしても。
 で、待てど暮らせどバスがこない。40分遅れで着いたバスには人がぎっしりで、どうも途中激烈に渋滞してたらしい。でもまだこの時はそんなに深刻に事態を受け止めてなかったのね。

 時間も遅くなっちゃって、しょうがないから帰り道にある温泉でお茶を濁そうって決めてたんだけども、途中でバスがまったく動かなくなっちゃって、そこでひとつ前のバス停の前にあった駅に走って引き返して電車に乗って戻ったりとか、戻った西武秩父の食堂が、その時点でほとんど閉まっちゃってた(開いてるけどもう入れません状態)とか、じゃあ電車で隣駅の温泉にとか思ったら、そこへ向かう電車がそれから30分後だったとか、帰りのレッドアロー予約したのそれから1時間後のヤツで、駅から温泉まで歩いて10分らしいので、引き算すると40分いられないとか、いやたぶんロスタイム入れるともっと短いぞとか、というわけで着いた駅でさらにその1時間後の電車に変えてもらって事なきを得たつもりになってたとか、いろいろあったんだけど。
 いや、隣駅だし、タクシー使えば30分後の電車なんか待たずに済むし、駅からの往路も必要ないじゃんとか思ったんだけど、渋滞してるんだって。猛烈に。そりゃあそうだよなあ! 40分くらいの循環バスが2時間近くかかってるんだからなあ!(すんごい遠くの空を見つめながら)
 1時間延長で比較的ゆったり気分で真っ暗な道を歩いて温泉に向かい、なんとかたどり着く。GoogleもAppleのもマップ間違ってる。あの通り行くと、入り口に気付かないととんでもない方向に迂回させられて、挙句入れないってことになると思う。
 まあとにかく、風呂には無事入れたし、食堂も8時ラストなのを確認してあったので、これで夕飯も行けるしなによりだと思って券売機を見に行ったらですね、とどめの一言が食券受付カウンターに。
『いまから注文されますと、20〜30分お待ちいただくことになります』
 んー。それだけ待つと、電車の時間になっちゃうよね。いや正確には駅に引き返すためにそこを出る時間つーかさ。
 とりあえず短時間で出るものはなにかないかと確認したところ、焼き鳥はいけるらしいことがわかったので、3串300円を3皿頼んでやりましたよ。飲み物は別カウンターなので、そこの気のいいバイトのお姉さんと小粋な会話をしつつ生中注文して、ナノに焼き鳥食べさせながら、こっちはそのおこぼれとビールとセットだった枝豆つまんで夕飯おしまいですよ。
 あー、なんかゆったりしたなあ! また来たいなあ、秩父! できれば平日とかにな! まあ開いてないところも多そうだけどナ! 滂沱の血涙。

 レッドアローにこだわらなけりゃ、もっと自由だったかもしれないが、たぶん疲れ&所要時間でアウトだった気がしてなりません。
 所沢の駅ナカがなかなかいいという話だったけど、こっちの求めるものはなくてそのまま電車乗り継いで帰ったですよ。駅前の焼き鳥屋が開いてたので、そこでテイクアウトして、ついでに冷凍餃子とかコンビニのサラダとか買って、家で夕飯の続きでしたよ。
 三毛の点滴はもちろんだ。
 ナノ、途中で頭痛いとか言い出して、これは疲れと途中結構ゲームして目を使ったのが原因だろうと踏んで、大急ぎで帰ったんだけども(焼き鳥は注文だけ全員でして、ふたりには先に帰ってもらった)、焼き鳥はうまうまと食べていたなあ。最近のトレンドは砂肝らしいですわよ。
 なんだかんだで頭痛はおさまったらしいけども、風呂にも入ったことだし食後は急いで寝かせました。

 これだけ読むと、なんか無駄&無茶な一日だったようにも思えるけど、ナノ的には人間関係の構築が思いの外進んだ日だったようで。本当に友だち作るのうまいなあ。あれは天性のものなんだろうなあ。

 結局仕事なんか微塵もできず、深夜の馬鹿力だけ聴いて寝ました。ぼうっとしてたら投票し忘れたよ!

 明日はお客さん。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください