6/23 むううう

 はっと昼前に目が覚める。そうだ、確認しなければ! そして予想通り!
 頭の中で予約変更のシミュレーション。まず、月曜日は×。したがって、月曜日の和歌山泊はなし。キャンセル。で、それなら日曜日に予約を変更し、宿泊先に予約変更を申し入れる。幸い、大阪も和歌山もそれでOK。
 で、それで行こうとすると、日曜日は貸し切りとかなんとか。ぐあああ! 去年もそうだったので、どうやら毎年その日は貸し切りになってるっぽい。まあ地元の人が記念日で押さえてるってことなんだろう。
 というわけで、かわりに予約できる日が土曜日のみなので、ホテルを土曜日に予約変更しようとするも、これがダメ。この辺、先方に電話しながらBooking.comのアプリで確認。しかたなく電話をいったん切り、ウェブで調べるもほぼ空きがないということで、このままではいかんとデスクトップ前へ。が、結局、昨日カミさんが「ここがいいのではないか」と探してきたところへ。なんつーの、部屋だけ貸してくれるところつーか。したら空いてるじゃないの! というわけで、まずそこを押さえ、続いて食堂を予約、でもって大阪の泊まるところに電話。正確には、食堂の予定がダメになった時点で向こうの空き状況を確認し、仮押さえしてもらっていたのを確定させた。
 よく考えるとこっちの方がよかったって落ち着き方。とはいえ、結構振り回された。ううむ。
 もしかしたら毎年これが恒例行事になりそうな気もするので、かの店の休みのパターンは把握しておく必要があるな。というか、最初に予約から始めるというのは!(本末転倒)

 それで体力を食われて夕方までばったり。ダメすぎる。
 そしてカミさんが体調不良で早引けしてくる。本気でヤバイ顔をしていたので、そのまま寝かせる。熱を計ったら8度あるよおい。
 たぶんナノのこないだの熱が遷ったと思われるが、そうじゃなかった時のために離れて寝てもらう。ナノ明後日から宿泊学習だからね。
 夕飯はナノ用に焼鳥。が、塩をして臭みを抜くのを忘れて、かなり臭かった。傷んだ臭さとは違うヤツ。ぬかった。

 深夜に起き出し、ファミレスで仕事。やり方を変えたらすっきりした。これでいこう。ていうか、筆が進まない時は本能がその書き方を拒絶してるってことなんだから、アプローチを変えるべきなんだよな。まあいままでのプロセスが無駄にはなってないのでいいのだけど。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください