5/30 いえ、睡魔に負けた

 睡魔に負けて、夕方寝てみたらすでにカミさん帰ってて、面倒だからファミレスで夕飯ということに相成り。
 その時点で19:30くらい。しかし野球はすでに8回にかかっている。なんぞ? 投手戦ならさもありなん(まして杉内とマーくんだもんな)と思いつつ、するってえとマーくんにいつものように手も足も出ずかよと思ってみたら、直前に2点。しかしなんか空気がおかしい。パーフェクトがどうとか言っている。当然マーくんはパーフェクトどころか完封もダメだから、すると杉内が完全試合中なのと思ったらそうだった。
 うげー、槙原以来じゃん。しかも17年……違った18年ぶりだ惜しいと思ったが杉内の背番号18だからそれでよし。
 いやまあ、結果はあの通りで、非常に惜しかったわけだけども。惜しかったなー。ノーヒット・ノーランで十分ではあるが、なんか本当にぎりぎりのところであれってのはもったいないよなーというか、それだけ完全試合は難しいってことな。
 いや、フォアボールの1球、あれボール1個高かったらご祝儀でストライクだったよな。根拠は最後の1球がそうだったから。

 なんか眠い。仕事にはかかっているものの、睡魔のせいでモニター前で落ちかかること数度。ぬー。しかしケミカル(リポDとか)に手は出したくないところ。赤猛牛とかもちょっと。まあコーヒーだって偉そうなこと言えないけどナ。
 頭を正常に動かしたいなら、やはりしっかり寝るしかないわけだけども。この辺、お迎えもあるのでペース配分が難しい。どうしたもんか。いつでも深く眠れれば言うことないのだが。そんな子供じゃあるまいし。

 あ。冷蔵庫開けてしまったと思う。明日こそカブを食べねば。もう葉っぱはダメかなあ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください