12/27 菅野よう子無双

 Twitterで、マクロスFの映画の感想をこうのたまっておられた方がいたので、観に行ってみました。
 本当はウルトラがよかったんだけど、なぜかタイミングが合わず。で、新宿に新しくできたバルト9とかいう映画館がいろいろアクセスも楽だったりしたので。
 ネットで予約取ろうとしたら、なんか座席がないと出て、予約できない。端っこで3席余ってるのを発見して予約しようとしたら、なぜか失敗。もう一度取ろうとしたらその席がなくなってる。これはブラウザの相性とかのせいなのか? 迷っているうちに残席1に。状況が飲み込めないまま、最後の席でようやく予約成功。
 で、行ってみてわかったのだけど、要するにその回ものすごい人気で、事前に座席が完全に埋まっちゃってたってことなのね。予約の最中に別の人間に席を取られていたという。年末の日曜日、夕方からの回だったせいもあって、公開1ヶ月過ぎてるのに、満席ってのはすげえ。
 それにしても、映画のネット予約で満席になって席取れなかった経験がないので、そこには思い至らなかったのがなんとも。やー、こういうこともあるんだなあ。
 で、映像見て納得。こりゃすげえわ。なんか破がもてはやされている昨今だけど、画面やらガジェットやらは完全にこっちのが上だと思ったです。内容はまあマクロスFでしたが(笑) よくも悪くも。総合的にはさすがに年内ナンバー1ではなかったかなーと。
 ああええと、以下軽いネタバレ。要注意。

 そして、話はTV本編の半ばくらいでエンディングを迎えるわけですが、そのエンドロール後半がすごかった。マクロスなので山のように歌が出てくるのだけど、当然全部菅野よう子の名前入り。それはもうものすごい数。まさにエンディングの主役(笑) まさに無双。
 最初に『菅野よう子無双』と聞いたとき、「畳みかけるように歌がかかって超盛り上がる」意味かと思った(実際そうではあるのだが、そこまでドカドカかかってるって印象もなかった)のだが。
 映像の迫力に圧倒されっぱなしだったが、最後の最後で大逆転(笑) いろんな意味で菅野よう子すげえ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください