12/28 あいてててt

 家族的忘年会。
 帰ったカミさんと協議の結果、焼き鳥屋→カラオケのプランで決定。早めに行動に移す。
 焼鳥屋は5時半に始まるので、それに合わせて家を出る。案の定、誰もいない。ラッキー。ナノがいるので、誰もいない方が助かるのだ。どうせ2時ラストオーダーで、時間が下れば下るほど大混みになるので、まあ別に店のことは心配していない。
 いや昨今の飲食店の不景気っぷりには寒いものがあるわけだが。
 鶏鍋うまかったです。焼き鳥ももちろんだが。あれで1人前は破壊力あるなあ。

 それからカラオケ。駅前に生き残った唯一の店だが、生き残っただけのことはある。結局このご時世、生き残る店には相応の理由があるのだなあと思うのだった。入店からコース選択、部屋への案内がじつにいい流れ。部屋も清潔だし、サービスも迅速。カミさんたちが保育園の父兄の集まりでよく使うのだが、昼間は安いし、子供が騒いでも原理的に文句は来ないし。昼間は集客価格なのだが、夜はそれなり。おそらく、それでも利益はかなり薄いと思うが。
 カラオケはナノの独擅場だった。ミラーマンからジャンボーグ、赤影あたりからちょっと父母の好みの歌を経由して最後は鬼太郎(痛恨なことに吉幾三バージョン)という。まあ満足に歌えるのはまだほとんどないが。しかしここ数年の歌がハートキャッチプリキュアだけだったってのはどういうことだ。しかもそれを覚えたきっかけはインドキャッチ某というですね。

 そんな飲まなかったはずだが、帰って風呂入ったら眠くなってすぐに寝た。結局夜中に起きて朝までなんかしてたが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください