1/6 おおいそがしのまき

 ナノのニキビの薬が切れたので、急遽お医者さんに行くことになった。昨日の晩。機械応答の電話予約してみたら空きがないと言われたので、早起きして行かねばならないことが決定。なので早寝しなければならなかったわけだが、期せずしてばたんきゅーになったので問題は解決した。
 なぜなら起きたら8時半くらいだったから。マジで眠かったのか。身体のいうことにはたまには耳を傾けてみるもんだ。

 計測の後、朝飯は無理なのでみかんを食べて投薬。すぐに医者に走る。さいわい10時から予約が取れたので取って返し、風呂に入って(出るときに焚いていた)ナノを起こし、そのまま出かける。
 診察は滞りなく終わり、薬をもらうのまで付き合わせる必要はないので帰らせ、朝飯に牛丼などをリクエストされたのでそのように。
 薬の受け取りに結構手間取り、戻れたのは11時過ぎだった。
 それから飯を食べ、床屋に行かせるようにとカミさんから仰せつかっていたのだが、お金がなかったので急いでコンビニに走った。それでまあなんとか昼前に床屋に送り出して、洗濯などを開始。洗い上がりと同時にナノが帰ってきて、こっちは洗濯物を干すシーケンスに突入さ。
 ちなみに日差しは皆無で6℃あたりが最高気温という素敵な日だったので、夕方まで粘ってもあんまり乾いてなかったっていうか前の日に洗った玄関などのマットの類が湿ってたっていうですね。
 まあそれでも半乾きくらいにはなってたので、主にタオル類を風呂場に持ち込んで屋内乾燥開始。なんとか乾かす。
 書き忘れたけど、持ち込む前に風呂洗ったなあ。そして2度目の飯。めんたまやきチャーシュー混ぜご飯。今日はチャーシュー大きめに切ったぜ+トマト。それから買い物に行って2キロ弱歩き、戻って休む間もなく夕飯の米を研いで炊飯器に仕込む。7時半炊き上がりで。だいたいこのあたりで6時。

 ナノは水泳に向かい、こちらは暫時ぼんやりする。ナノが帰ってもしばらくぼんやりし続け、7時半になってはっと正気に返り、飯が炊けたこと、三毛の世話がまったく終わってないこと、飯の準備も飯以外はなんにもって状態であることを思い出す。
 大急ぎで三毛の世話、飯を作り(今日はステーキ肉を買ってきたのでらくちん)、風呂場から洗濯物を畳みつつ撤去、ナノを風呂に入らせて再び斬時ぼんやり。
 カミさんが帰ってきたのでステーキ、グラタンの残り、昨日カミさんが買って帰ってきた銀鮭の切り落としというかなんというかそういうのをホイル焼きにして、プチトマトでサラダ作って食べた。

 明日も早起きだ。寝ねば。風呂に入って。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください