12/30 ちょっと用事

 というわけで、カミさんとともに都心方面へ。本当は出歩くべきではないのだが、まあやむをえない。

 早めに起きて、計測。みかんとともにめんたまやきチャーシューごはんをいただいて出る。
 途中とりたてて大きな問題もなく、目的地について用事を済ませ、ちょっと休んでからカミさんと別れてその場を出る。
 その近所にある店で軽食をいただき、ついでに仕事をするためのカフェを探す。結局、いつものところに落ち着いた。

 ここ、なんと中に有料スペースがあって、いくばくか払うとパーテイションで区切られた個室で机と電源を使わせてもらえるのだ。今日気づいた。いや、有料スペースの存在には気づいていたのだが、その脇にある半オープンの小さなデスクスペースがそれだと思ってて。そこは普段使うのは無料で、だから有料ってのは混んでる時なのかなーと思い込んでいたのだった。
 で、そのスペース。快適ではある。料金に見合ったサービスだとも思うが、いかんせん完全な静粛性を求められるので、話し声を発することができない。なんてことだ。
 というわけで、店員さんに質問しようとしてイヤホンした状態で声を出したら、しーってやられたってわけ。恥ずかしいね!

 まあ一度要領がわかったら、そんなしゃべる必要もないのでなんとか。
 しかし出入り口の作りを知らないともうなんだかわからない。施設の入り口に入ってもどん詰まりで壁があるようにしか見えないの。遊び心()なのかもしれないが、うーん。いや自分は嫌いじゃないが。別の意味で。自分で家を建てられたら、隠し部屋とか絶対作るって思ってたタイプだから。

 ナノはお留守番。朝飯はサンドイッチとかを用意して、昼はお弁当を自分で温める方式で対処してもらう。なにかあれば連絡が来るだろうから心配はしていない。

 夕方になって部屋を退去。カミさんとふたたび合流して戻る。夕飯はお刺身丼に決定で、途中のスーパーで材料など仕入れる。
 刺身になってるのも買ったが(本鮪の切り落とし。流石に柵が高すぎてそっちは無理だった)、サーモンとサワラあたりは柵だった。このほうがお得だし。で、包丁で切ったのだが、これがさっくさく切れる。カミさんが研いでおいてくれたから。柳刃は大袈裟だが、このくらい切れてくれればいい刺身が作れるのな。切れ味大事。
 切れ味を落とさないために毎日軽く研いでいるのだが、やはりたまにきちんとやってもらうと違う。刺身の時はお願いしておくことにしよう。

 カミさんがようやく完全に正月休みに入れたので、いただき物のパネットーネに手をつける。ああ、素晴らしい。その辺の適当なやつとは一味違う。こういうのあんまり好きじゃないカミさんが絶賛してたので間違いないと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください