10/6 ゆめ

 イル・カナアレが復活したのでカミさんとナノが食べにいったという夢。
 なんでそこに自分がいないかというと、食事制限しているからね。あとで状況を説明して、然るべき内容にしてもらおうってことで、後から行くことにしていた(はず)。夢の記憶だからいい加減。そもそも一緒に行って特別に注文すればいいだろう。
 場所はどこかの街道沿い。近所だけど、大きめな道だったなあ。もちろんそんなものは存在しないわけだが。
 元の場所でやってるって空気だったが、そんなことはなかったはず。

 で、相談しにカミさんたちの帰った店で座って話してたら、いきなり料理が出てくる。時間外だし、そういうことは絶対にしないってスタンスの店だったのに。何にも頼んでないよーって言ったら、気持ちですよと言われた。これは本当に言われそうだが。
 まあ、普通に考えてあの頃のああいうスタイルでの営業はもうできないと思うのだけど。それに後ろ向きになっても仕方ない。

 実際にはカナアレやってる頃にはいろいろ迷惑かけっぱなしで、本当にひどい客だったと思うことしきりなのだが、それでも思い出のひとつとして忘れずに残っている貴重なところだと思う。
 なんとか余裕を作って、いま料理長やってるお店にご挨拶に行きたいところではある。飲み放題状態にはならないから、そこそこでいけるであろう。それでも安くはないけど。思えばカナアレは安かった。

 目覚ましは10時にかけたが、起きられたのは10時半過ぎだった。でも睡眠管理アプリは冷酷に10時ちょっと前で睡眠時間を打ち切っている。寝てたぞ?
 起き上がり、近くで寝ていた猫娘をなでてからパラメータ計測&飯。微増。
 飯はめんたまやきカレー&トマト。そして投薬。

 午後をぼんやり過ごして、太極拳の時間が近づいてきたので出て飯。今日は駅前の中華チェーンのレバニラ定食と洒落込んでみた。
 したら出るのに時間食って、さらに店でも時間食って、余裕だったはずなのに結構ぎりぎりで。まあなんとか。
 風呂入って、ナノにおやつ買って帰ってなにやかやと。

 夕飯はでかいマカロニをトマトとチーズで。ナスとサラダチキン入り。親用はさらにぶなしめじと青紫蘇の千切り入り。
 苦し紛れにしてはまずまず。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください