9/13 水没御始末

 というわけで、普通に起きてめんたまやきご飯などいただいてから出かける準備、そして電話を手に入れる旅へ。
 ちょっと店のあるビルを流してから電話を受け取る。ついでに壊れた方は処分してもらうことに。
 用事はあっという間に済んで、そのままビル内を散策の後、飯屋のあるビルへと移動。
 飯はなんだかおしゃれなお店で結構混んでいた。ちょっとビクビクものだったが、通された席は離れ小島で、2メートル以内に人がいないという好条件の席だった。
 そこで電話をセットアップ。ちょっと手間取ったが概ね問題なく終了。指紋認証だけど心臓部は最新なので動きが良い。
 ただし剥き身なのでとりあえず充電だけして持ち帰ることに。一応家には防水ケースが配送されていることがわかっている。

 それからそこのビル内を見て歩く。結構ホビー関係の強化されているところなので、ナノはかなり楽しんでいた。
 夕方近くなって戻る。電話をケースにおさめ、アップデートかけて渡す。今回はストラップ穴も付いているので、いろいろ安心だ。

 夕飯は駅前のエスニック料理屋。なんと混んでいる。すごい。てっきりコロナ騒ぎで閑古鳥だと思っていたのだが、繁盛しているのは素晴らしい。
 そして酒を飲まなくてもあんまり料金が変わらないのは、ソフトドリンクと葡萄酒の値段が変わらないから。恐ろしいことだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください