6/26 いぼとの戦い

 指先のいぼ。今日医者に行ってきて、とりあえず大物は片付いたってことにしてもらった。で、その隣にあった小さいのに標的が移動する。いや待って、これ前からあったんだから、なんで一緒にやってくんなかったの!
 というわけで焼かれた。1回で済めばいいなあ。加えて、大物の残党が復活しないとも限らないのでなんとも。

 朝、今日は死ぬほど眠かった。どうして? 昨日は目が勝手に覚めたのに、予定がある今日は昼くらいまで寝そうになるの。
 戻って計測。パラメータの変動が凄くて、なるほど病院だと170−100にもなるわと思う。眠かったり起きたりもそれと一緒かなあ。

 医者に行って戻ってから洗濯。ぱぱっと洗い終わったのですぐに干した。曇ってたが、暑かったので短時間で乾く。夕方あたりに夕立の危険があるらしいので早めに取り込んでみた。

 お昼はカレー計画を実行。ナンとライス、チキンティカ、カレー(チキン、辛口)、サラダのセットを、サラダ以外全部1/3にしていただいた。サラダはもたないのでそのまま。大変美味しゅうございました。
 ああだが、これじゃあ足りないのか? 食べ終わってしばらくしたらふらっときたぞ。でも、塩分きつめなので量はきっちり1/3で。足りなきゃフルーツとかで補う方向。これは主に昼飯かなあ。別に朝でもいいが。

 気がつくと、液体窒素で焼かれた部分が水膨れになっていた。まあ温度は極低温だけど、火傷みたいなもんだからなあ。とりあえず火傷に効果のある軟膏を塗ってすます。いままでもこれが効いてたので。

 太極拳。夕立は来そうに思えなかったので、とりあえず。野球が気になって、いつもの音楽のかわりに中継を聴きながらだったが、さすがにこれだけの回数聞き続けてきたせいか、ほぼ同じタイミングでできたと思う。ゆっくり動くのって結構重要なのだ。ぱぱっと動くのは、じつは慣れれば誰でもできる。正確な動作してなくても、ぱっと見わからないし。

 夕飯は焼きそば。太麺のを買ってあったのだけど、今日作ることにした。
 量も熱量も塩分もバッチリ。信じられないが、ソース焼きそばって使う油分にもよるが悪くない。野菜たくさん入れればそれも食べられるし。サラダいらず。蒸し中華麺って案外量いけるのね。ゆでにはかなわないが。
 夕飯後、BTTF3見ながら焼豚仕込む。こういうパンチのきいた具材があると献立考えやすいのだ。

 暗殺数学〜ブロリーあたりは別のエディタを使ったが、その前の脱出ゲーム版デスノートはiPadのiライターズというアプリで書き上げたし、それ以前は同じ作者のiText Proというエディタアプリを使っていた。なんで2016年以降エディタを変えていたのかというと、更新がなくてOSのバージョンアップにともなう不具合が出てきて使いにくくなったから。それでもなかなか異常終了しなかった(「何度か」あったはずだが)のは堅牢なプログラミングだなあと思ったが。
 そのiText Proが帰ってきた! やったぞ! しかも年代記後半をほとんどこれで書いたというLightWayTextのページがいつの間にか準備中になってる! もともとiTextってLWTが使えない間の暫定版って扱いだったからね。まあ、あんまり期待しちゃうといけないのだが。
 ああだがしかし、もしLWTが戻ってきたとして、自分はmiから戻れるだろうか。miは至れり尽くせりなんだよ……ファイルが書き変わったら、自動的に同期してくれたりね。LWTが勝ってる部分って、オレ的用途から言えば二重禁則くらいだからなあ。miも相当堅牢だし。

 だが、iOS系統のエディタもなんらかの更新があるとしたら、話は俄然違ってくる。iライターズなんか、いまの仕様のまんま(ファイルセーブ関係はもうちょっと簡単になるといいな)で不具合直してくれるだけで、月額課金きても全然払うね。ああいう筋のいいエディタが少ないんですよ(まあオレ的には、だけど)。
 だから、こっちには大期待。そして、iOS(iPadOS)系のエディタとmacOSのLWTやiTextがうまく連動する仕組みになったら、たぶん戻っちゃうと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください