2/19 ブルネッロ!

 ナノを送り出すために駅まで送る。一応早めに寝て、早めというか深夜に目が覚めちゃったのでそのまんま風呂入ったりなんだりして起きてたのだった。
 その後戻って洗濯物仕掛けて寝る。
 起きたのは午後2時。リメンバー・ミーおばあちゃんのつぶやきを聴きながら起き上がり、洗濯物の干し方を考える。飯はカミさんが買っておいてくれたカツサンド。夕飯が早いので、これと牛乳だけ。
 結局、天気はよかったのだが花粉のことも考えて、半分を機械干し、半分を屋内干しとした。ちょっと柔軟剤の香りがきつい感じ。猫の寝部屋でもあるのでちょっと申し訳なかった。もっとも、いまのところこの柔軟剤なら悪影響はないっぽい。猫は香りによって健康を害したりするので注意が必要なのだが。

 早めに三毛の給餌やら点滴を行い、風呂も洗ってほどよいところで出る。花粉のマスクを忘れたが、夕方で暗くなってきたこともあってそんなでもなかった。
 今晩食事をする人は、日帰りでナガシマスパーランドに行った時、名古屋の地下街で夕飯をご一緒して以来だったが、お変わりないようでなによりだった。お店は元スカレッタのシェフが料理長を務めているところ。最近ちょっと足が遠のいていたのだが、週半ばの平日夜にしては繁盛していたのでよかった。
 おすすめの前菜などをいただき、ふきのとうのラビオリ、そして和牛三角の藁焼き。料理がうまいのはもちろんだったけれども、せっかくなのでボトル頼みましょうか、となって、いくつかおすすめを出してもらったら、白がガイア&レイ、赤がバローロ、バルバレスコ、ブルネッロにアマローネときたもんだ。すいません、そんな覚悟できたわけじゃなかったですー。あとでかいの1枚余計に下ろすべきだったかー。というわけで、1ランク下(値段的に)にもバローロがあったのでそれをお願いする。いや、値段が安かろうがなんだろうが、ちゃんとお店で仕入れたバローロは抜群にうまかったです。
 ああでもブルネッロ! アマローネ! 王道の超弩級葡萄酒をどかんと並べられると壮観以外の何物でもないなー。

 散々飲み食いして、早めに引き揚げる。ちょっと寄り道してお別れし、ぼんやり帰ったら結構いい時間になってしまった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください