11/29 いいにく

 年に一度のいい肉の日なので、夕飯はいい肉にしようと計画。

 昼飯をひさびさに和食屋へ。なにって天ぷら食べるため。ちょっとはりこんで松花堂をいただいた。そして天ぷらうめえ。これだよこれが本物の天ぷらだよ。エビがいい匂いするし、野菜天がめちゃくちゃうまい。塩だけでいける、それが真の天ぷら。
 カツならその辺の洋食屋さんや、いやファミレスでもそこそこいけるのが食べられるが、天ぷらだけはダメだ。経験則だが。ひさびさにうまいキス天食べたぜ。
 だがここですら、穴子天には当たり外れがあるんだぜ。おそろしいな、天ぷら。

 その後、その店のある駅の駅前まで行って、100円ショップで小物を買ってからいざスーパーへ。安いが大きめの肉を買う。料理法はノーアイデアなので、たぶんオーブンで焼くだけだと思われる。
 家に引き返し、三毛の点滴薬買ったり、ファミレス行って仕事したりして夕方まで。それから三毛の世話やらなにやら。

 カミさんが帰ると言った時間になったので、時間がかかるオーブン料理を開始。もらいものの月桂樹の葉っぱやら、鉢植えしてるローズマリーやらを駆使して焼く。最近は湯煎ばっかりだったので、ちょっと感覚を忘れていたが、牛肉はうまく焼けたと思う。しっかり火が通りつつ切って置いとくとロゼになる感じとか。
 一方豚肉は火を通し過ぎた。牛肉がロゼになったんなら、おなじタイミングで行けたような気もする。ちょっとだけ長めに火を通す程度で十分だったか。これは次回の課題かー。
 あと、豚の三枚肉のスライスを挽肉つなぎにして巻いたの。結構デカくなった。これは完全に火が通る必要があるので、念入りに焼いたがうまくいった。豚はこっちに合わせちゃったのだった。
 で、結局カミさんが予定より1時間半ほど遅くなったのだが、おかげでしっかり肉を休ませられたのと(牛肉切ったら火が通ってるけど全面ロゼって状態にできたのはこのおかげ。早く切っちゃうと、肉汁が流れ出ちゃってあんまり綺麗じゃなくなる)、間に合わないと思ってた鶏胸肉を焼く時間ができたのでそのように。ちょっと時間が足りなくて、5分ほど早く出したら微妙にレア感があって失敗(火は通っているが、柔らか過ぎて微妙に気持ち悪い。いい肉ならむしろ歓迎すべき状態なのだが、いかんせんブロイラーだからねえ)。まあ、アンチョビバターで食べる予定だったので、その辺はうまく相殺できたと思うが。
 あと、盛りが汚くてすまぬ。

 肉はひとつひとつはたいした量ではないが、数が多かったので余った(予定どおり。そもそも全部切って出さなかった)ので、明日の夕飯とかに回す感じ。明日は自分だけ夜お出かけなので。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください