7/24 そうめん

 こないだゆですぎたそうめんをなんとかするためにやった苦肉の策、そうめんイタリアンをちょいと改良してやってみた。夕飯。こないだいいそうめんをたくさんいただいたのだが、古いのがまだちょっと残っていて、それを食べきるための策でもある。
 まあイタリアンっていうか、ジェノベーゼというか、まあそういうのなのだが、プランターに植えてあるバジルをとってきて(結構な量に増えていて、かつ固くなりつつあった)ミキサーにかけてペーストにする。冷凍庫に松の実残ってたし。あと、分離しないように芋をふかしたのちょっと入れるのだが、ここはパン粉で代用。代用になるかどうかは知らないが、つなぎとしては機能するだろうってんで。まあなんとか。
 あとはトマトとキュウリを小さめに切って、ゆでて冷やしたそうめんにあえて、上から粉チーズふって(これが結構肝)完成。ナノがたくさん食べてたから成功なのかな。自分的には物足りなかった。惜しい感じ。
 あとは鶏もも肉をローズマリーで潰し焼きにしたの。ディアボラってつけてるところもあるけど、厳密には違うはず。悪魔焼きってのは、鶏の半身を潰し焼きにするので、それが悪魔の顔っぽいからって話をどっかで聞いたがこういうのはたいてい諸説あるから断定はできんのよな。

 朝早めに目が覚めてそのまんまだったので、とりあえず飯を食べに牛丼屋へ。ナノは寝ていたので、いつものように牛丼を土産にする。
 今日は新製品の青椒肉絲もどきをいただいてみた。なるほど、肉を糸のように切ってないだけの青椒肉絲か。いや肉が糸じゃないんだから肉絲じゃないんだけど。
 これは牛定なんかと材料を共通化するためなんだろうなあと思いつつ食べたが、本当に材料の形って大事なのなっていう結論しかなかった。
 味付けは無難というかよくできてると思ったが、それだけに惜しいなあと感じた。個人の感想だけど。いや言い訳じゃなく。

 明日は午前から太極拳なので、早めに寝る。3時くらい。起きたの7時。4時間睡眠かー。まあここんとこではよく寝た方ではある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください