1/25 フルコー

 1皿目を作れなかったのでちょい足りない。とはいえ、あの量にさらにもうひとつ加わったら家族の胃腸がアウトなので。時間もなかったし。

 前日からパン種を。明日は晩餐なので、パンも焼く腹づもり。冬場なので、発酵に時間がかかるため、前日から準備。
 まず、カレー食べにお出かけ。その足で明日用の軍資金を下ろし、ファミレス行って茶をしばく。ナノが途中で帰ってきたが、気にせず続行。
 いい時間になったので戻り、いろいろやる。
 その後、カミさんの戻りを待ってクルマで都内にある温泉へ。お風呂と靴の修理。靴は後日と言われてしまったので、明日か明後日あたりに取りに来なければ。

 それから戻って夕飯の支度。パンしか準備できてない。あとは鴨を解凍し終わっていたくらい。というわけで、大急ぎで。まず鴨を焼く。これが一番時間がかかるし、休ませる時間も必要だから。その間に比較的焼き時間の短い他のをやっつけられるし。
 が、鴨やって、次にかかろうとするも異様に面倒。特にパンはすでに寝かせすぎだったのでさっさとやらなきゃならないところが、これがもうベッタベタでにっちもさっちも。粉打ったんだよ? ちゃんと打ったんだよ?
 まあそこらへんは力技で解決して、芋を使ってホワイトソースを作り、それ塗った鮭をパイ皮で包み、鴨をオーブンから出して代わりにパンと鮭パイを放り込む。
 その間に今度はタルタル作り。表面焼いて削いでと思ってたら、焼いてそのまんまタルタルにしちゃえばいいじゃん! って記事を見つけてそれは確かにありと思ってやったらまずまず。悔しかったのは、もっと細かくできなかったこと。あれはやっぱり細かさが大事だったりするので。極小のサイコロ切りではいかんのですよ。
 結果的に晩餐にこぎつけることはできたのだけども、んー。なんか中途半端かなー。鴨サマサマ。鴨があればなんとかなる。
 そして高い葡萄酒。いいぞ。ああでも鮭パイうまかったす。

 明日はドラクエだぜ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください