12/23 かくて物語は全きものとなった

『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』を新宿で観てまいりました。
 たぶんこれで内容的にはパーフェクト(実験的なエピソードやらなにやら枝葉は残っているものの)になったのだなあという思いとともに、シーンの後付け感がどうしても残る印象がありました。退屈ではなかったんですけど、でも長い。正確には長く感じる。前のも劇場アニメ映画としては結構なものでしたが、今回は3時間近い長さで、残念ながら前の完璧な流れに微妙なもたつきが入ってる感があって、ちょっとお尻が痛くなってしまいました。
 でもまあ、さんざん前のを繰り返し観ている人間の感想なので、この辺初見の人のそれとは違う可能性が濃厚ですけども。

 いや配信されたら買います。今回も公開初日に予約受け付けてくれればよかったのに。配信開始は1年後でもOKなので。

 なんとかちょっと早めに寝て、昼前に起きて出る準備。映画は1時過ぎからなので。新宿の、この作品の聖地的な映画館。狙ったっていうよりはそれが一番都合のいい時間だったから。本当は別のところに行きたかったんだけど、10時過ぎからはちょっときつかった。
 出がけに黄色い牛丼屋でビーフシチューを。牛肉ごろごろとか鶏肉ごろごろのカレーがいたくうまかったので、期待して食べました。当たり。煮込みはいけるな、M屋。でもすぐに引っ込めちゃうんだろうなあ。牛肉ごろごろカレーとか、たまーにどこかで売ってるみたいだけど、近所には二度と入ってないしなあ(一度復活した記憶があるが)。鶏肉は結構やってるので、コストの問題なんだろうと思うものの、牛肉なのでシチューも厳しいような気がしてならない。なくなる前にまた行こう。歯にはさまるのが難点。
 映画の帰りに丸鶏買いました。明日は大変だと思うので。ひさびさに焼くよー。
 夕飯はドライカレー。ひき肉残ってて、カレーのルウがあったので。知ってました? ドライカレーってカレールウで作れるのね。あんまり簡単過ぎて拍子抜け。あとは豆苗とバラ肉の塩炒め。まずまず。炒め物がやっつけ気味だったけど。

12/23 かくて物語は全きものとなった」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 12/25 なるほど | わしの部屋 the BLOG

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください